中高年転職事情は、厳しく困難であるとはいえ、未経験の業界・業種に転職を考えている、または転職活動中の中高年は、けっこうたくさん存在しています。

 

40代・50代の中高年でありながら、未経験の業界・業種に転職したいと思うくらいなので、皆さんそれなりの転職理由がある方ばかりなんだと思います。

 

「早く会社辞めて、転職したい!」

 

転職の理由は、パワハラ等の人間関係のトラブル、給料の安さ、また仕事の多さが主な理由になりますが、少数ではあるものの、現在勤務している会社の業界や業種、職種に限界を感じ、異業界・異業種への転職を考えているという中高年もいます。

 

「もうこの業界・業種には将来性はない。給料もこのところずっと下がりぱなし」

 

「業界全体が縮小して、同業他社どの会社に行っても同じだし、今更俺みたいな中高年を雇ってくれる会社なんてありっこない」

 

このように考えている中高年はいませんか?

 

それから、あなたはこんなことでも悩んでいませんか?

 

「未経験でも将来性のある業界・業種で、今までの経験が少しでも活かせる会社に転職できないだろうか?」

 

そんなあなたに、業界・業種が未経験の中高年でも転職できる方法について、書いていきます。

スポンサードリンク

未経験の中高年でも転職できる

中高年が失業から再就職 | 転職を大成功させて幸せを掴むブログこれから伝えていくことは、業界、業種が未経験でも、経験を生かせる会社に転職したいと悩んでいる中高年にとって、悩みを解消するヒントとなるはずです。

 

その方法というのは、

販路や販売先が同じ会社を徹底的に調べ上げる

管理職としてマネジメント力をアピールする

 

2つの方法を詳しくお伝えする前に、ここまで頻繁にでてきた業界・業種・職種の違いについて、説明しておきます。

【中高年】異業種の再就職・転職を可能にする情熱と志望動機、もどうぞ参考にしてください。

【中高年】異業種の再就職・転職を可能にする情熱と志望動機
  今回は、中高年が異業種・異職種での転職を可能にするための最重要ポイントである情熱と志望動機について書いていきます。 中高年でも

業界・業種・職種の違いとは

以下に主要な業界、業種、職種をあげておきます。

【業界】

取り扱っている商品やサービスに関係する人々の社会

電機・自動車・金融・建設・アパレル・流通・通信

【業種】

事業や営業の種類のこと。

製造業・金融業・運輸業・不動産業・小売業・情報サービス業・飲食業

【職種】

個人の職業や職務のこと。

営業・経理・総務・品質管理・技術・開発・マーケティング

 

業界・業種・職種について、だいぶイメージしてもらうことができましたでしょうか。

 

日本のNo1企業のトヨタ自動車は、業界は自動車で、業種は製造業ということになります。

未経験の中高年でも歓迎される場合もある

 

前職が自動車に使用する塗料の国内メーカーで、営業をしていた50代中高年の知り合いがいます。

 

大手自動車メーカーに対し、自社の塗料を営業していたわけですが、早期退職に応募して、その国内塗料メーカーを退職することになりました。

 

彼の前職は、塗料業界、業種は製造業、職種が営業職となります。

 

そして、現在彼は、自動車向け特殊薬品を輸入販売している商社に在籍しています。

 

業種分類はこうなります。

薬品業界、業種は卸売業、職種は同じ自動車メーカーや自動車ディーラーへの営業職。

 

50代中高年でありながら、見事に異業種への転職を成功させました。

 

職種が営業職であるという以外、営業先が自動車メーカーという共通点があるということをお分かりいただけたかと思います。

 

彼が、50代でありながら、転職に成功できたポイントは、販路や販売先が同じ会社であったことに尽きます。

未経験の会社に転職したい中高年は、販路や販売先が同じ会社を狙え

 

今の会社の業界、業種に何も未練はなく、潔く他の業種に転職したい中高年は、前職と販路や販売先が同じである会社を徹底的に調べ上げて下さい。

 

転職サイトに書かれてある求人情報に、具体的な販売先までは記載されていなくても、どういう業種の会社が主なお客様になります、というような情報が載っている場合もあります。

 

ただし、個人で転職サイトの求人情報を収集するには限界がありますので、ここは登録済みの転職エージェントのキャリア・アドバイザーに直接相談するのが手っ取り早いかもしれません。

 

他に、転職サイトや転職エージェントの登録情報を更新してください。

 

あなたの職歴や希望条件、その他の個人情報を登録してあるマイページから、自由記入欄や特記事項という欄が必ずあるはずなので、そこに、

 

『前職と異業種ですが、同じ販路、販売先の会社を希望』

 

というような表現で、希望条件を追加更新しましょう。

 

あなたが今まで取引していた具体的な会社名や業種も一緒に記載しておくと相手にも伝わり易いと思います。

 

ネットでは、中高年の転職自体が厳しく困難を極めるという書き込みが多いです。

 

ましてや異業種への転職なんていったら、「絶対無理」、「やめとけっ!」的なコメントが圧倒的に多く見受けられます。

 

でも、これまでに培ってきた人脈、経験という中高年にとっての最大の強みを活かすことができれば、未経験の業種であっても、転職は決して不可能ではなく、逆に大歓迎されるケースもあるということです。







未経験の会社に転職したい中高年は、マネジメント力をアピール

 

中高年のリストラ対策!対象者に指名されやすい5つの特徴、でも書きましたが、私たち中高年が、在職中の会社でも、転職先の会社でも、最も期待されるスキルや能力は、マネジメント力です。

中高年のリストラ対策!対象者に指名されやすい5つの特徴
  リストラの対象になる中高年には、どんな特徴があると思いますか?   そして、あなたは、自分がリストラされるかもしれないと一度でも考えたことはありますか?   リストラの対象になる中高年の・・・

中小企業はマネジメント力のある人材を求めている

マネジメント力に自信がある中高年は、未経験の業種とか関係なく、また営業、間接部門を問わず、転職できる確率は高くなります。

 

マネジメントしていた人数、実績、成果、その手段方法を職務経歴書にまとめ、面接の時に、面接官にしっかりと伝えることができるように準備しておきましょう。

 

大企業には、能力は別にして、中高年の管理職やその候補がゴロゴロいます。

 

ところが、中小企業となると事情が違ってきます。

 

従業員が10人未満の規模の会社であれば、創業者でもあるオーナー社長が会社全体を見ることができるため、マネジャーなんて逆に必要ありません。

 

でも、20人、30人となってくると、さすがにオーナー社長も全体を見ることができなくなってきます。

 

オーナー社長のワンマン経営のもとには、たくさんのイエスマンはいます。

 

しかし、従業員を上手にまとめるマネジャーが必要なかったということもありますが、優秀なマネジャーが育たない環境が自然と出来上がってしまっていたため、いざ既存スタッフにマネジャーをやってみろといっても、すぐにはうまくマネジメントすることはできません。

 

そこで、マネジメントの経験と実績が豊富な中高年を中途で採用したほうが早いのではないか、ということになります。

マネジメント実績のある中高年は転職の可能性が高い

 

業界内からヘッドハンティングして済ましてしまうお手軽な業界もありますが、一般応募からの候補者を採用する会社がほとんどです。

 

中高年の転職市場も売り手市場に変わりつつありますから、知名度の低い中小企業が、同じ業界内の好人材の中高年を採用することは、確率的にも低く、至難の業です。

 

であれば、業界業種未経験でも、同じくらいの規模感の会社でマネジメント実績のある中高年も採用対象に加えてみようということになるわけです。

 

この傾向は、営業職に限ったことではなく、総務や経理といった間接部門のマネジャーも同様です。

 

マネジメント経験があり、それなりの実績を残してきた中高年は、自信をもって転職活動に臨んでください。

【中高年 再就職】絶対に面接したいと思わせる職務経歴書を書く方法、という記事を読んでいただき、面接官があなたに会いたいと思わせるマネジメントの実績を書いてみてください。

【中高年 再就職】絶対に面接したいと思わせる職務経歴書を書く方法
面接したいと思わせる職務経歴書ってどうやって書けばいいのか悩んでいませんか? ・突然リストラされてしまった ・会社を辞めたいけど、次

まとめ

世間やネットでは中高年の未経験業種の転職は、絶対できない、絶対に止めたほうが良いという論調が圧倒的に多いです。

 

確かに、中高年の転職自体が厳しく、困難な状況である中、成功する確率は若者と比較すると低いかもしれません。

 

でも、世間やネットで言われているように、中高年の未経験の業種での転職は決して不可能ではないということは、わかっていただけたのではないでしょうか。

 

そして、未経験業種で転職を目指す中高年に、この記事で何かヒントを掴んでもらえたら嬉しく思います。

 

スポンサードリンク

 

[公式メールマガジン]
中高年が失業から再就職 | 転職を大成功させて幸せを掴むブログ

おすすめ転職求人サイト

公式サイト:リクナビNEXT

  ★★リクナビNEXTが選ばれる理由★★

リクナビNEXTだけの限定求人が約85%:転職者の約8割が利用

<こんな人にオススメ>

・どの転職サイトを使うか迷っている

・すでに転職活動を進めている

・転職を考えているが、何から始めたら良いかわからない

・初めての転職で、どのように始めるのがベーシックなのかわからない

スカウト登録で企業や転職エージェントから直接オファーが届く!

職務経歴や希望条件を登録しておくだけで、企業側からのアプローチを受けることが可能。

今は未だ転職意向が低いユーザー様にとっても、自分の可能性を広げる機会として活用。

<こんな人にオススメ>

・自分のスキルを活かせる職場に行きたい

・良い企業からアプローチがあれば転職を考えてもいい

・いろいろな仕事を知って視野を広げたい

■グッドポイント診断で自分の強みを分析!

人にはそれぞれ強みがありますが、自分では客観的に把握しづらいもの。

会員登録することで受診できるグッドポイント診断は、リクルートキャリアが持つ独自のノウハウを活かして開発した本格診断サービス。

診断に答えることで強みが見え、診断結果は自己分析にも活用できる。

<こんな人にオススメ>

・自分の強みがうまく語れない

・転職意向はないが、診断には興味がある

・日頃の仕事の中で自信が持てなくなってきている

↓ リクナビネクストのWEBサイトをチェックする ↓

  公式サイト:MIIDAS

《200万人の年収データから、あなたの市場価値を見出します!》 

・転職別、年齢別、学歴別の年収データ(200万人以上)の年収データを全て公開

・あなたが比較したい人(属性)と自分の年収を比較できる

《7万人の転職実績データから、あなたの本当の市場価値を見出します! 》

・自分と同じようなキャリアを持つ人材が、どんな仕事に、どれくらいの年収で転職しているのかを知ることができる

・2000以上の求人の中から、あなたを求めている求人だけがわかる

《あなたの本当の価値を確実に企業に伝えます! 》

・職務経歴書、履歴書の作成、カウンセリング等一切不要

・MIIDASは、求人企業にあなたの価値(キャリア)をあなたにかわって継続的に売り込み

↓ MIIDASのWEBサイトをチェックする ↓

 

おすすめ 中高年就職支援センター

公式サイト:東京しごとセンター

都内で働くことを希望する 30~54歳の就職・転職を全て無料サポート

【実際に利用して良いと思ったポイント】

1.心から寄添ってくれる専任のキャリア・コンサルタントがサポート

2.合同面接会などのイベントが毎日開催! 仲間との交流・情報交換のチャンス

3.運営は東京都という安心感。施設もきれいで静か

4.独自の非公開求人案件が多数!

↓ 東京しごとセンターのWEBサイトをチェックする ↓

【30分間無料相談について】

次のような事でお悩みではありませんか。

✓再就職先がなかなか決まらない

✓面接方法やキャリアシートの書き方のアドバイスが欲しい

✓退職する事が決まっているけど、何から始めて良いか分からない

✓今の会社はもう限界、でも家族の事を考えると辞められない

✓将来が不安、キャリアプランの見直しがしたい

✓自分は何がやりたいのか、何に向いているのか分からない

家族や知人、会社の同僚にもご相談できないお悩みをお伺いします。

「あなたの適性、能力、経験を深く掘り下げて、最適な解決策をご提案します」

=========================================================

無料相談 5つのお約束

・守秘義務を遵守徹底しています。ご相談者様から伺った内容の漏洩は絶対にしません

・ご相談後、必ずしも有料相談の依頼をする必要はありません

・こちらから有料相談の契約を提案することはしていません

・無料相談は、お話しを伺うことと解決策を提示するだけです

・無料相談は、画像なしの音声のみで行います。

=========================================================

相談はSkype、またはスカイフォン(スマホアプリ)の音声のみで行います。
もちろん匿名で、カメラなしで実施いたします。
Skype のインストール方法
スカイフォンのダウンロード←超!簡単設定
※Skype、スカイフォンともに無料でご利用いただけます

【中高年】の人生やり直しを支援

コメントをどうぞ