40代・50代中高年転職再就職活動は、年齢制限との戦いです。

 

応募できる求人の絶対数が少ない中で、あなたが希望する条件の求人票を探すのは困難を極めます。

 

「希望に合った求人があっても、求人のタイトルに『20代が活躍中』や『第二新卒歓迎』なんて書かれていると応募できない」

 

「応募したところで、どうせ年齢制限に引っかかり、書類選考で落とされるに決まっている」

 

確かに求人票の見出しに年齢制限をにおわす言葉があったり、書類選考で不採用が続いていたりする40代・50代の中高年は、応募することに消極的になりますよね。

 

でも、年齢以外の全ての条件が、あなたの希望にマッチする求人だとしたら・・・

 

「簡単に諦めきれない、でも、どうせ40代・50代の中高年はダメなんだろうなぁ」

 

あなたは、こんなふうに思った経験はありませんか?

 

今回は、40代・50代の中高年が、転職・再就職活動で、年齢制限に克つ3つのポイントについて書いていきます。

スポンサードリンク

中高年が就活で年齢制限に克つ3つのポイント

中高年が失業から再就職 | 転職を大成功させて幸せを掴むブログ

3つのポイントとは、

◆熱意

◆人間性

◆明るさ

です。

 

意外に思われたかもしれませんが、採用担当者も人間で、一緒に働く社員も人間です。

 

熱意に打たれる採用担当者もいるでしょうし、一緒に働くなら、人間性の高い明るい人材を採用したくなると思いませんか。

 

それでは、40代・50代の中高年が年齢制限に克つ3つのポイントを詳しくお伝えしていきます。

中高年の転職・再就職はダメ元と割り切ることも大切

求人広告に年齢制限をにおわす言葉を掲載しているということは、書かれてある年代の人材を求めていることに間違いないでしょう。

 

40代・50代の中高年が、若年層の採用を求めている求人に特攻しても、書類選考で不採用になる可能性が高いです。

 

でも、履歴書の年齢だけを見て、即不採用という選考をしない採用担当者も必ず存在します。

 

40代・50代の中高年の履歴書・職務経歴書を手にした採用担当者が、

 

「年齢はだいぶオーバーしているけど、熱意があり、人間性も良さそうだから、面接で会うだけ会ってみるか」

 

と、評価される場合だってあります。

 

なので、年齢以外の条件が、あなたの希望にピタリとあった求人には、ダメ元で応募してみることも大切です。

 

40代・50代の中高年の転職・再就職活動では、何が起きるかわかりません。

 

私が採用担当者だった時も、このような例はたくさんありました。

 

プロフィール | 中高年が失業から再就職 | 転職を大成功させて幸せを掴むブログ
「それは・・・詐欺師まがいの輩に毒された社長への謀反からはじまりました」 部長の座から突然の解雇通告。 再就職先は超絶!ブラック企業。 自分の信念を貫いたことで、家族を路頭に迷わす結果になるも、 失意のどん底から這い上がったキャリア・コンサルタントの軌跡。 プロフィール概略 【HN】コンチバ 【性別】男 【年齢】40代後半 【職業】キャリア・コンサルタント 【家族】妻・中学生と小学生の子供が二人 【出身地・現住所】千葉県 【趣味】◆読書 好きな作家: ・荻原 浩 ・奥田 英朗 ・池井戸 潤 ・東野 圭吾 ◆ゴルフ(ベストスコア:99 好きなゴルフコース:きみさらづゴルフリンクス) ◆ジョギング・散歩 【音楽】長渕 剛 特に好きな曲:STAY DREAM/Myself/SUPER STAR/CLOSE YOUR EYES/少し気になったBreakfast 【資格】国家資格 キャリア・コンサルタント・産業カウンセラー 《プロフィール詳細はこちらをどうぞ》 【社長に対し、すべての儲け話からの「完全撤退」を要求。その結果・・・】 当時の勤務先の社長はもともと株式や先物、FXといった投資が大好きな人でした。 それが、いつからか詐欺まがいの儲け話を持ってくる複数の怪しい人物と付き合うようになり、その儲け話に乗り、多額な損失を出すようになっていったのです。 わずか1年あまりの短期間での損失額は本業の年商を大きく上回るようになっていました。 儲け話を持ってくる詐欺師のような怪しい人物に騙され、損失額が大きくなるにつれて資金繰りが苦しくなっていきます。

人は一回面接で会っただけではわかりません。

 

ましてや、書類だけでは人間性なんて分かるはずもありません。

 

このように考える採用担当者もたくさんいるはずです。

転職・再就職の年齢制限は熱意でカバー

40代・50代中高年の転職・再就職活動では、熱意をどのように伝え、年齢制限に克てば良いのでしょうか。

志望動機で熱意を伝える

あなたはまず、応募書類にしっかりと目を通してもらうため、挨拶状(カバーレター)を使って熱意を伝えます。

 

挨拶状の記入例を貼付しておきます。

中高年が失業から再就職 | 転職を大成功させて幸せを掴むブログ

 

 

よければ参考にしてください。

 

職務経歴書、または履歴書の志望動機欄では、応募した理由や魅力を感じた点を熱く表現してみましょう。

 

例えば、

◆仕事のやりがい

◆やりたい仕事・夢の実現

◆あなたの信条と会社理念(方針)が合致

◆年齢以外の条件が、募集要項にすべて当てはまったこと 等

 

うまく書類選考が通ったら、面接では、この志望動機を目を輝かせながら、ジェスチャーを交えるなどして、さらに熱く語ってください。

人間性をアピールして転職・再就職の年齢制限に克つ

採用企業の担当者は、40代・50代の中高年を採用する際、新しい環境と仕事に慣れてくれるかどうか、また年下の上司とうまく人間関係を築いてくれるかといった協調性やコミュニケーション力等の人間性を気にします。

 

つまり、仕事の能力もさることながら、年下の良き手本となりうる良い人物なのかどうかを重視するということです。

 

それには、協調性がすぐれていることを職務経歴書で実例を交えてアピールしてください。

 

また、社会貢献に興味を持ち、何らかのボランティア活動を行っている経験があれば、必ず履歴書に書きましょう。

 

ボランティアは、人間性をアピールするには最高の活動です。

 

転職・再就職活動中の40代・50代の中高年は、地域のボランティア活動に一度でも良いので参加しておくことをおすすめします。

関連記事:『中高年から始められる【再就職・転職に役立つ趣味三選】』

中高年から始められる【再就職・転職に役立つ趣味三選】 | 中高年が失業から再就職 | 転職を大成功させて幸せを掴むブログ
今回は、中高年からでも気軽に始められて、なおかつ転職・再就職活動にも役立つ3つの趣味について書いていきます。 35年ぶりに味わえた満足感 子供と実家に遊びに行ってきました。 近くの公園で小学校5年の息子とキャッチボールをやろうと思い、グローブとボールを持っていったのですが、それがまさか35年ぶりの親父の親孝行になるとは予想もしていませんでした。 お昼を済ませ、一応親父にもキャッチボールするか聞いてみると、 「よしっ!」 と満面の笑みですぐに準備を始めました。 82歳になる親父は、たまに10㎞以上のウォーキング大会に参加するほど、足腰もしっかりしていて、見た目も年齢よりも若く健康そのものです。 でもさすがに、いくら昔野球が趣味だったとは言え、キャッチボールは年齢的にも断ると思っていただけにチョッと意外でした。 あまりにも久しぶりのキャッチボールだったので、最初は15mくらいの距離もワンバウンドでコントロールもままならなかったのですが、そのうち感を取り戻してきたのか、孫とのキャッチボールでは物足りなくなってきて、私を相手に指名してきました。 35年ぶりの親父とのキャッチボールでした。 小学生の時によくやったキャッチボールの光景が鮮明に蘇ってきました。 懐かしさとともに、親父の楽しそうな顔を見ていると、自分が3年半前に会社を解雇されてからは特に心配をかけっぱなしだったので、少し償いができたようで自分も嬉しくなり、グッとこみ上げてくるものがありました。 最近は、年齢のせいか食に対するこだわりも少なくなり、何か美味しいものを食べに行こうと言っても、気乗りしない親父でしたが、さすがに昔、趣味にしていた野球は別でした。 親父が楽しそうにキャッチボールする姿を見て、趣味は心と体に良い効果を与えるものなのだと改めて感じました。 そして、35年ぶり、いやそれ以上かもしれません。 久しぶりにキャッチボールをして親父が喜んでくれたという、満足感を味わうことができた充実したゴールデンウィークになりました。 よく考えてみると82歳の老人がキャッチボールって凄いですよね。

明るさで転職・再就職の年齢制限に克つ

中高年なので知識や経験、仕事の能力は合格点。

 

うちに入社したいという熱意もあるし、人間性も高そうだ。

 

ここまでくれば、最後は『明るさ』です。

 

40代・50代中高年の転職・再就職活動は、その経緯から表情に悲壮感が漂い、どうしても暗くなりがちです。

 

雰囲気の暗い人と一緒に仕事がしたいという採用担当者は、まず存在しません。

 

「なんかあの人、過去を引きずっている感じがするよな~、うちに入ってもすぐに辞めちゃうんじゃないの?」

 

と思われたら、これまでの努力が水の泡となってしまいます。

 

面接時は、思いっきり演技をしてでも明るいあなたを演じてください。







まとめ

中高年が就活で年齢制限に克つ3つのポイント

◆熱意

◆人間性

◆明るさ

年齢以外のすべての条件が、あなたの希望にマッチしていて、どうしても諦めきれない求人は、ダメ元でチャレンジしてみましょう。

 

即戦力であることが確実な40代・50代の中高年は、上の3つのポイントをしっかりアピールすることで、年齢制限の求人に克つことができます。

 

『行動に移さないと変化は起きません』

関連記事:『【40代・50代 中高年 】リストラを乗り越える3つのマインド』

【40代・50代 中高年 】リストラを乗り越える3つのマインド | 中高年が失業から再就職 | 転職を大成功させて幸せを掴むブログ
今回は、再就職を目指す40代・50代の中高年が解雇、リストラといった失意状態を乗り越えるための3つのマインドについて書いていきます。 40代・50代 中高年のリストラ・解雇 失意のどん底を乗り越える3つのマインド 春は出会いあり、別れありと切なさと期待感がいり混じった複雑な季節です。 私達会社員にとっては人事異動の季節でもあります。 来年度の準備で会社内が活発に動く実に慌ただしい時期ですよね。 そして、会社から解雇を通知された中高年や早期退職に応じてリストラされた中高年など、新たにたくさんの失業者がでてしまう時期でもあります。 住宅ローンや教育費の支払いを抱えて、 「中高年の自分に再就職先は見つかるのかなぁ」 「何でもいいから独立して頑張ってみようかな」 リストラされても既に気持ちが次のステージに向かっている中高年は、どんどん先に突き進んでいただきたいのですが、私のように解雇された直後、 「これから先どうやって生きていけばいいんだろう・・・」 と、不安を抱えている40代・50代の中高年も多いと思います。 私は2013年に中高年である43歳の時に会社を解雇され、失意のどん底を経験しました。 私の悲惨な無職失業時代の生活は、プロフィールをご覧ください。 解雇されてから約3年半が経過していますので、さすがに失意のどん底という最悪な状態からは何とか這い上がることができています。 解雇されてから私が学んだ失意のどん底状態を乗り越えるための3つのマインドをお伝えします。 リストラされた40代・50代 中高年に【現実を受け入れる】というマインド 私は、解雇された後しばらく失意のどん底というよりも廃人そのものでした。 後悔、不安、恐怖、怨み、妬み、孤独 人間がもっている負の感情を一度に抱え込んだような状態です。 常にイライラして、子供に八つ当たりしては、自己嫌悪に陥るという完全な負のスパイラルモードで、そんな私を見かねて、家内は冷静な口調でこう言いました。 「いい加減、解雇されたという現実を受け入れたら」 さらに、

 

スポンサードリンク

 

[公式メールマガジン]
中高年が失業から再就職 | 転職を大成功させて幸せを掴むブログ

おすすめ転職求人サイト

公式サイト:リクナビNEXT

  ★★リクナビNEXTが選ばれる理由★★

リクナビNEXTだけの限定求人が約85%:転職者の約8割が利用

<こんな人にオススメ>

・どの転職サイトを使うか迷っている

・すでに転職活動を進めている

・転職を考えているが、何から始めたら良いかわからない

・初めての転職で、どのように始めるのがベーシックなのかわからない

スカウト登録で企業や転職エージェントから直接オファーが届く!

職務経歴や希望条件を登録しておくだけで、企業側からのアプローチを受けることが可能。

今は未だ転職意向が低いユーザー様にとっても、自分の可能性を広げる機会として活用。

<こんな人にオススメ>

・自分のスキルを活かせる職場に行きたい

・良い企業からアプローチがあれば転職を考えてもいい

・いろいろな仕事を知って視野を広げたい

■グッドポイント診断で自分の強みを分析!

人にはそれぞれ強みがありますが、自分では客観的に把握しづらいもの。

会員登録することで受診できるグッドポイント診断は、リクルートキャリアが持つ独自のノウハウを活かして開発した本格診断サービス。

診断に答えることで強みが見え、診断結果は自己分析にも活用できる。

<こんな人にオススメ>

・自分の強みがうまく語れない

・転職意向はないが、診断には興味がある

・日頃の仕事の中で自信が持てなくなってきている

↓ リクナビネクストのWEBサイトをチェックする ↓

  公式サイト:MIIDAS

《200万人の年収データから、あなたの市場価値を見出します!》 

・転職別、年齢別、学歴別の年収データ(200万人以上)の年収データを全て公開

・あなたが比較したい人(属性)と自分の年収を比較できる

《7万人の転職実績データから、あなたの本当の市場価値を見出します! 》

・自分と同じようなキャリアを持つ人材が、どんな仕事に、どれくらいの年収で転職しているのかを知ることができる

・2000以上の求人の中から、あなたを求めている求人だけがわかる

《あなたの本当の価値を確実に企業に伝えます! 》

・職務経歴書、履歴書の作成、カウンセリング等一切不要

・MIIDASは、求人企業にあなたの価値(キャリア)をあなたにかわって継続的に売り込み

↓ MIIDASのWEBサイトをチェックする ↓

 

おすすめ 中高年就職支援センター

公式サイト:東京しごとセンター

都内で働くことを希望する 30~54歳の就職・転職を全て無料サポート

【実際に利用して良いと思ったポイント】

1.心から寄添ってくれる専任のキャリア・コンサルタントがサポート

2.合同面接会などのイベントが毎日開催! 仲間との交流・情報交換のチャンス

3.運営は東京都という安心感。施設もきれいで静か

4.独自の非公開求人案件が多数!

↓ 東京しごとセンターのWEBサイトをチェックする ↓

【30分間無料相談について】

次のような事でお悩みではありませんか。

✓再就職先がなかなか決まらない

✓面接方法やキャリアシートの書き方のアドバイスが欲しい

✓退職する事が決まっているけど、何から始めて良いか分からない

✓今の会社はもう限界、でも家族の事を考えると辞められない

✓将来が不安、キャリアプランの見直しがしたい

✓自分は何がやりたいのか、何に向いているのか分からない

家族や知人、会社の同僚にもご相談できないお悩みをお伺いします。

「あなたの適性、能力、経験を深く掘り下げて、最適な解決策をご提案します」

=========================================================

無料相談 5つのお約束

・守秘義務を遵守徹底しています。ご相談者様から伺った内容の漏洩は絶対にしません

・ご相談後、必ずしも有料相談の依頼をする必要はありません

・こちらから有料相談の契約を提案することはしていません

・無料相談は、お話しを伺うことと解決策を提示するだけです

・無料相談は、画像なしの音声のみで行います。

=========================================================

相談はSkype、またはスカイフォン(スマホアプリ)の音声のみで行います。
もちろん匿名で、カメラなしで実施いたします。
Skype のインストール方法
スカイフォンのダウンロード←超!簡単設定
※Skype、スカイフォンともに無料でご利用いただけます

【中高年】の人生やり直しを支援

コメントをどうぞ