40代・50代の中高年の転職・再就職が厳しいということは、いまさら言うまでもありませんよね。

 

「大手企業での実績や経験があるから、再就職・転職なんて簡単に決まるだろう」

 

「中小企業は、一部上場企業の管理職の肩書を持つ私をきっと必要としているにちがいない」

 

これから再就職・転職を予定している40代・50代の中高年は、今すぐこの幻想は捨てた方が良いかもしれません。

 

40代・50代の中高年の再就職・転職が、よく厳しいと言われますよね。

 

どうして厳しいのでしょうか。

 

今回は、中高年の再就職・転職が厳しいと言われる理由について書いていきます。

 

その理由について、しっかりと理解してもらった上で、再就職・転職活動に臨んで下さい。

 

是非、最後まで読んでください。

スポンサードリンク

40代・50代の中高年の再就職・転職が厳しい3つの理由

中高年が失業から再就職 | 転職を大成功させて幸せを掴むブログ

一部上場の大企業で、長年管理職をしていた40代・50代の中高年には、すぐには理解することができないかもしれません。

 

でも、そこには中高年の再就職・転職が厳しいと言われるちゃんとした理由が存在します。

 

40代・50代の中高年の再就職・転職が厳しい3つの理由

1)ムダなプライド

2)体がズブくなっている

3)順応性の低さ

 

それでは、3つの理由を詳しくお伝えしていきます。

 

40代・50代の中高年の再就職・転職が厳しい理由、どうして採用を敬遠されるのか、きっと理解してもらえるはずです。

ムダなプライド 

40代・50代中高年には、大企業であれ中小企業であれ、20年、30年という長い期間をかけて築き上げた仕事へのこだわりを持っているはずです。

 

仕事のやり方、取り組む姿勢、マインド、仕事の哲学といったこだわりから生まれたプライドを胸に、仕事をしてきた中高年がほとんどです。

 

このプライドを培った職場では価値のあったプライドも、再就職・転職先では、圧倒的にムダなものになってしまうケースが多くなります。

 

再就職・転職先での年下の上司、これまでとは異なる仕事のやり方や会社の文化に、慣れようとする気持ちをムダなプライドが邪魔をしてしまうのです。

 

結局、新しい環境に馴染むことができず、40代・50代の中高年で成し遂げた再就職・転職は、失敗に終わります。

 

関連記事『【中高年】再就職・転職を絶対に失敗させない5つの心得』もどうぞご覧ください。

【中高年】再就職・転職を絶対に失敗させない5つの心得 | 中高年が失業から再就職 | 転職を大成功させて幸せを掴むブログ
今回は、40代・50代の中高年の転職・再就職を失敗させないため心得を5つご紹介します。 5つの心得すべてが、私の実体験に基づいたものになります。 言い方を変えると、転職・再就職が失敗してしまう5つの原因です。 あなたの転職・再就職が失敗しないように、是非参考にして下さい。 転職・再就職を失敗させない心得その1:仕事のやり方に慣れる 会社には長い期間かけて積み上げてきた文化というものがあります。 昨日今日転職・再就職で入社してきた40代・50代の中高年には、どうしても超えられない高い壁が存在します。 あなたにもこれまで長い期間をかけて培った経験とノウハウがあるはずです。 その経験やノウハウを活かした仕事を否定された時、あなたのモチベーションが下がるようなことがなければ、あなたは中高年の転職・再就職を失敗しないための第一関門を突破したようなものです。 私は15年以上に渡り、中小企業で人事総務をしてきました。 特に採用業務が好きで、狙った獲物は逃さないという気持ちで、面接にさえ来てもらえれば、どんな応募者でも必ず口説き落とすことができる自信がありました。 現在、私が勤務している会社の採用面接は、オーナー一族が行っています。 採用面接は、いわゆる聖域というやつで、私がいくら採用面接が得意でも、さすがに面接をやらせて欲しいとは言居だすことができません。 でも、ロクに書類選考もしないで、面接に来てもらい、気に入らないからという理由で、面接を15分くらいで終了するというやり方は、人生をかけて、緊張と不安な気持ちで来社してくれる応募者に対して、余りにも失礼です。 私が、応募者であったら、書類選考で不採用にしてもらった方が、まだマシです。 このやり方には、どうしても納得することができませんでした。 そして、入社して1年くらい経った頃だったと思います。 私は、一次面接を担当している社長の息子である専務に対して、 「専務のお時間がもったいないので、書類選考をもっとしっかりとされたらどうですか?」 それから、

多くの人事採用担当者は、中高年の無駄に高いプライドの存在をよく知っているのです。

体がズブくなってきている

40代・50代の中高年とはいえ、再就職・転職先では、新入社員です。

 

それが、管理職として入社をしたとしても、最初の数か月は平社員のような謙虚な姿勢で同僚に接することが必要です。

 

たとえあなたに新入社員という意識があったとしても、既に管理職に慣れてしまっているあなたの体は、新入社員のように機敏な動きはできなくなってしまっています。

 

中小零細企業では、大企業と違って業務の範囲が広くなります。

 

今までは、事務所に居て、ドンとかまえているだけで良かったことが、中小零細では、すべてあなたも現場で対応することが求められます。

 

頭の中では、理解していても、一度楽を覚えてしまった40代・50代の中高年の体は、思うように動いてくれません。

 

入社当初は無理して動けたとしても、半年が経過して、職場の環境にも慣れた頃には、前職の仕事のやり方に逆戻りしてしまうのです。

 

管理能力に機動力も求められる職場では、体がズブくなった中高年は、必要ありません。

順応性の低さ

ムダなプライドや体のズブさも加わり、多くの40代・50代の中高年は、新しい職場への順応性が、非常に低いです。

 

新しい仕事を覚える時間も若い世代と比較すると、かなりの時間を要してしまいます。

 

慣れない環境では、同年代である中高年は、困った時にサポートしてくれる、とてもありがたい存在です。

 

でも、人間関係もムダなプライドが邪魔して、同僚の輪の中にスムーズに入っていけない、40代・50代の中高年もたくさんいます。

 

同僚との交流も消極的で、いつの間にかひとり孤立してしまいます。

 

ちょっとお高く留まっている人は、いじめやパワハラの対象になりやすいです。

 

その結果、前職とのギャップを埋めることができずに、そのまま退職していく中高年が実に多いのです。

 

採用担当者も中高年の採用には慎重に成らざるを得ないことが、お分かりいただけたのではないでしょうか。

 

関連記事『こんな中高年は再就職できない〜面接で嫌われる5つのタイプ 〜』も是非読んで下さい。

こんな中高年は再就職できない〜面接で嫌われる5つのタイプ 〜 | 中高年が失業から再就職 | 転職を大成功させて幸せを掴むブログ
今回は、人事担当者が採用したくない再就職の面接で嫌われる中高年の5つのタイプについて書いていきます。 こんな中高年は、なかなか再就職できないですよ。 もしあなたに思い当たる節があったら、意識的に改善して下さい。 中高年が再就職できないのは誰のせい? 「俺が再就職できないのは、アベノミクスが失敗したからだ!」 とか、 「俺の良さを何も分かっちゃいないんだよ、あのバカ社長めっ!」 あなたは、自分が再就職できない事を人のせいにばかりしていませんか。 それでは、いつになっても面接試験に通って、再就職なんてできません。 確かに40代・50代である中高年の再就職は、とても厳しいです。 日本全体の有効求人倍率は高水準で推移しているものの、中高年の求人倍率は依然低水準が続いたままです。 有効求人倍率とは: ハローワークで扱った月間の求人数を月間の求職者数で割った数値で、求職者1人に対し、何人分の求人数があるのかを示した数値になります。 有効求人倍率が1倍を超えているということは、求職者1人に対して1件以上の求人数があり、1倍未満の場合は求職者1人に対して求人数が1件に満たないということになります。 つまり、倍率が高い方が求人件数が多いということになり、就職しやすい状況となるわけです。 以下は平成29年3月の関東地方の年齢別求人倍率が分かる表です。 (出典:職業安定義務統計) 唯一中高年の45〜54歳の求人倍率が、1倍未満です。 でも、 あなたが再就職できない理由は、はたして年齢が高いこと、景気が良くないこと、面接での採用担当者の見る目がないことだけでしょうか? この機会に、なぜ自分が再就職できないのかを見つめ直してみませんか。 面接で暗い中高年は再就職できない 中高年の再就職に限ったことではないですが、見た目の暗い人は面接で嫌われてしまいます。 面接の時は、会社に足を踏み入れた瞬間から人格を変えるつもりで、明るい自分を作ることをすすめている記事です。

まとめ

40代・50代の中高年の再就職・転職が厳しい3つの理由は次の通りです。

1)ムダなプライド

2)体がズブくなっている

3)順応性の低さ

残念ながら、この3つの理由は、大企業出身者や役職が高い人ほど顕著に現れます。

 

つまり、よほど特殊な能力や人脈を持っている中高年を除き、大企業で役職が高かった人ほど、再就職・転職が厳しいということになります。

 

これから再就職・転職を予定している大企業で管理職をしていた40代・50代の中高年は、覚悟を持って臨んでください。

 

スポンサードリンク

 

[公式メールマガジン]
中高年が失業から再就職 | 転職を大成功させて幸せを掴むブログ

おすすめ転職求人サイト

公式サイト:リクナビNEXT

  ★★リクナビNEXTが選ばれる理由★★

リクナビNEXTだけの限定求人が約85%:転職者の約8割が利用

<こんな人にオススメ>

・どの転職サイトを使うか迷っている

・すでに転職活動を進めている

・転職を考えているが、何から始めたら良いかわからない

・初めての転職で、どのように始めるのがベーシックなのかわからない

スカウト登録で企業や転職エージェントから直接オファーが届く!

職務経歴や希望条件を登録しておくだけで、企業側からのアプローチを受けることが可能。

今は未だ転職意向が低いユーザー様にとっても、自分の可能性を広げる機会として活用。

<こんな人にオススメ>

・自分のスキルを活かせる職場に行きたい

・良い企業からアプローチがあれば転職を考えてもいい

・いろいろな仕事を知って視野を広げたい

■グッドポイント診断で自分の強みを分析!

人にはそれぞれ強みがありますが、自分では客観的に把握しづらいもの。

会員登録することで受診できるグッドポイント診断は、リクルートキャリアが持つ独自のノウハウを活かして開発した本格診断サービス。

診断に答えることで強みが見え、診断結果は自己分析にも活用できる。

<こんな人にオススメ>

・自分の強みがうまく語れない

・転職意向はないが、診断には興味がある

・日頃の仕事の中で自信が持てなくなってきている

↓ リクナビネクストのWEBサイトをチェックする ↓

  公式サイト:MIIDAS

《200万人の年収データから、あなたの市場価値を見出します!》 

・転職別、年齢別、学歴別の年収データ(200万人以上)の年収データを全て公開

・あなたが比較したい人(属性)と自分の年収を比較できる

《7万人の転職実績データから、あなたの本当の市場価値を見出します! 》

・自分と同じようなキャリアを持つ人材が、どんな仕事に、どれくらいの年収で転職しているのかを知ることができる

・2000以上の求人の中から、あなたを求めている求人だけがわかる

《あなたの本当の価値を確実に企業に伝えます! 》

・職務経歴書、履歴書の作成、カウンセリング等一切不要

・MIIDASは、求人企業にあなたの価値(キャリア)をあなたにかわって継続的に売り込み

↓ MIIDASのWEBサイトをチェックする ↓

 

おすすめ 中高年就職支援センター

公式サイト:東京しごとセンター

都内で働くことを希望する 30~54歳の就職・転職を全て無料サポート

【実際に利用して良いと思ったポイント】

1.心から寄添ってくれる専任のキャリア・コンサルタントがサポート

2.合同面接会などのイベントが毎日開催! 仲間との交流・情報交換のチャンス

3.運営は東京都という安心感。施設もきれいで静か

4.独自の非公開求人案件が多数!

↓ 東京しごとセンターのWEBサイトをチェックする ↓

【30分間無料相談について】

次のような事でお悩みではありませんか。

✓再就職先がなかなか決まらない

✓面接方法やキャリアシートの書き方のアドバイスが欲しい

✓退職する事が決まっているけど、何から始めて良いか分からない

✓今の会社はもう限界、でも家族の事を考えると辞められない

✓将来が不安、キャリアプランの見直しがしたい

✓自分は何がやりたいのか、何に向いているのか分からない

家族や知人、会社の同僚にもご相談できないお悩みをお伺いします。

「あなたの適性、能力、経験を深く掘り下げて、最適な解決策をご提案します」

=========================================================

無料相談 5つのお約束

・守秘義務を遵守徹底しています。ご相談者様から伺った内容の漏洩は絶対にしません

・ご相談後、必ずしも有料相談の依頼をする必要はありません

・こちらから有料相談の契約を提案することはしていません

・無料相談は、お話しを伺うことと解決策を提示するだけです

・無料相談は、画像なしの音声のみで行います。

=========================================================

相談はSkype、またはスカイフォン(スマホアプリ)の音声のみで行います。
もちろん匿名で、カメラなしで実施いたします。
Skype のインストール方法
スカイフォンのダウンロード←超!簡単設定
※Skype、スカイフォンともに無料でご利用いただけます

【中高年】の人生やり直しを支援

コメントをどうぞ