今回は、中高年のあなたが、地方で仕事をするという再就職の裏技とも言えるIターンについて書いていきます。

※Iターンとは

ご存じない方のために、簡単に説明しておきます。

 

自分が生まれ育ったところ以外、また働いたことのない土地で仕事に就くことで、最近は、首都圏出身者が、地方に移り住んで田舎暮らしを楽しむことを目的に就職するというイメージが強いかもしれません。

スポンサードリンク

 あなたを必要としてくれている再就職先は必ずある

中高年が失業から再就職 | 転職を大成功させて幸せを掴むブログ
44歳の男性は、とうとう堪えきれずに、涙を流し始めました。

 

目の前にいる20代の女性に見られていることなどお構いなしに、気が付くと声を出して子供のように泣いていました。

 

その女性は、大泣きする男性に対して、優しくこう声をかけてくれたのです。

 

「コンチバさんを必要としてくれている会社は必ずあるんですよ」

 

この後しばらく男性は、溜まっていた不安感を吐き出さすように泣き続けていました。

 

この話は、私の仕事探し・再就職活動中に某転職エージェントの面談室で起きた実際の話です。

再就職先の候補は新潟県へのlターン

最初から状況を説明させてもらいます。

 

仕事探し・再就職活動を開始して、3か月目に入ろうとしていた頃だったと思います。

 

某転職エージェントに登録、面談に行き、担当の女性のキャリアアドバイザーに、どこでも聞かれる経歴や希望職種、再就職先の希望条件等の質問を受けて、一通りの回答を済ませると、

 

「コンチバさんにピッタリの求人があります。その求人企業を担当している営業から直接話しを聞いてもらいたいのですが、この部屋に呼んでも良いですか?」

 

ということになりました。

 

お断りする理由もないので、快く同意すると、しばらくして、面談室に男性の営業が入って来ました。

 

一通りの挨拶を済ませると、営業の方から予想もしていなかった提案がありました。

 

「新潟県の○○○○という会社なのですが」

 

と、その求人票が提示してきました。

 

「新潟かぁ〜、無理だよ」

 

私の心の声が聞こえたかのように、営業の方から、会社概要や募集背景、経営者の人柄、業績等、事細かに説明を始めました。

 

「なぜコンチバさんにこの求人の話しをさせてもらったのか、お分りいただけたけたかと思います」

 

「コンチバさんが経験されてきたことが、こちらの会社が求める経験や能力にピッタリとマッチしています」

 

話しを聞き終えた時、私の心は既に決まっていました。

 

「この会社の話しだけでも聞きたい」

 

応募の意思を伝え、営業の方は求人企業に私の書類を送るために一旦退出されました。

 

この3ヶ月の間、常に不安と孤独と戦い、社会から疎外されているような感覚だったので、自分の存在価値が認められた気がして、ホントに嬉しかったです。

 

「この会社に再就職できる」

 

直感的にそう思いました。

 

「自分が必要とされている会社がある」

 

この時ばかりは、張り詰めていた緊張の糸が緩んでいたんだと思います、キャリアアドバイザーとこれまでの再就職活動の話や、前職の話で盛り上がっていました。

 

そこに、先ほどの営業の方から内線で連絡が入りました。

 

「先方と連絡が取れました。是非、コンチバさんにお会いしたいそうです。詳しくは後ほど・・・」

 

この直後の話が、冒頭の部分です。

 

嬉しさというよりも、緊張と不安から解放された安心の涙でした。

中高年の再就職の裏技 lターン

仕事探し・再就職先が思うように決まらない場合、求人検索の希望勤務地を指定しないで、自分が住んでいる地域外の求人を検索してみるのも良いかもしれません。

 

Iターンの再就職は婚活に似ていると思いませんか。

 

自分が住んでいる地域には、年齢的にもなかなか気にいった相手が見つからなくて、たまにこの人いいなぁと思う相手には、ことごとく振られてしまう。

 

そこで、今までは考えもしなかった地域で開催されていたお見合いパーティーに参加したところ、見事に運命の相手をゲットできた。

 

なので、仕事探し・再就職活動に行詰まった時は、これまでとは異なる視点で考え、それを実行してみることが大事です。

 

その選択肢の一つにIターン再就職を入れてみてはどうでしょうか?

中高年 Iターン再就職のメリット・デメリット

続いて中高年がIターン再就職をする上でのメリット、デメリットとその活動方法や相談窓口について書いていきます。

中高年 Iターンのメリット

・都会の喧騒から逃れてのんびりとした生活が送れ、精神的ストレスから少しは解放される

・横の繋がりが強く、安心して暮らせ

・地価が安く、夢のマイホームが現実なものに

中高年 Iターンのデメリット

・求人の絶対数が少ない

・仕事探し・再就職活動の経済的、時間的な負担が大きい

・家族の理解

・住居問題

 

独身の仕事探し・再就職活動中の中高年であれば何ら問題はありませんが、やはり家族がいらっしゃる方、特にお子さんがまだ小さいご家庭は、家族の理解が最重要課題になってきます。

中高年 Iターン 仕事探し・再就職先の活動方法

転職サイトと転職エージェントの活用以前に書いた記事で、【中高年】の仕事探し・再就職活動を短期間で終息させるコツでは、とにかくできる限り転職サイトと転職エージェントに登録して、より多くの求人に触れる機会を作ることであると書きました。

【中高年】の仕事探し・再就職活動を短期間で終息させるコツ
こんにちは、コンチバです。   【中高年】の仕事探し・再就職を少しでも短期間で終息させる方法について書いていきます   【中高年

Iターンで再就職先を探すには、まずは転職サイトと転職エージェント希望勤務地の登録を全国に、またはIターン再就職を希望する地域に広げてみて下さい。

 

そして、全体的に中高年向けの求人件数や職種、待遇面などの情報を把握しておくと良いと思います。

 

給与水準は首都圏と比較してしまうと、確かに良くないかもしれませんが、もしかすると私が紹介を受けた時のように希望にピッタリ合った仕事が見つかるかもしれません。

自治体のIターン相談窓口

Iターンでの再就職を希望する「自治体名」 +「Iターン」と入力して検索をしてみて下さい。

すると、 ほとんどの自治体は何らかの支援サイトを運営しています。

 

さらに、東京に相談窓口を設置している自治体もたくさんあったりします。

 

Iターン再就職先や仕事の相談だけではなく、住居や移住に関する相談にも応じてくれる自治体の窓口もあります。

 

軽い気持ちで仕事の話しを聞きに行くのも良いと思います。
 







まとめ

中高年のlターン再就職は、家族の理解が大前提となりますが、再就職のあてがないまま半年、1年と過ごしていくのであれば、地方で心機一転、新たな暮らしをスタートさせるのもあなたと家族のためになるはずです。

 

仕事探し・再就職先が行詰った場合や半年後の逃げ道(目標)として、是非ともIターン再就職を選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか。

 

半年間頑張って仕事探し・再就職活動を行ってダメなら、Iターン再就職を選択肢に入れてみようでも良いのではないでしょうか。

 

気持ちが楽になりますので、とにかく次の目標というか、言葉は悪いかもしれませんが、逃げ道を作っておくことが、長期戦になる中高年の仕事探し・再就職活動を健康的に乗り切るコツです。

 

おまけ

転職エージェントで泣き崩れた1週間後、私は新潟県の会社の面接を1泊2日で受けに行ってきました。

何度も面接には来て貰えないという理由で、いきなり社長と副社長(社長の息子さん)の面接です。

 

転職エージェントの営業の方から伺っていた通り、とても気さくでしっかりした経営ビジョンをもたれている経営陣で、私はこの方たちと近い将来一緒に仕事をすると確信して帰宅の途に着きました。

 

しばらくして、無事こちらの会社から内定をいただくことができました。

 

しかし、結局、内定を辞退しました。

 

理由は家族の理解が得られなかったことです。

 

期限付きの単身赴任とは違い、完全な片道切符の再就職なので、家族での移住が条件だったのですが、病的な寒がりの家内から雪国の暮らしには最後まで同意をもらうことはできませんでした。

 

中高年のIターン再就職は、エリアの選定と家族の理解が必須ということです。

 

スポンサードリンク

 

[公式メールマガジン]
中高年が失業から再就職 | 転職を大成功させて幸せを掴むブログ

おすすめ転職求人サイト

公式サイト:リクナビNEXT

  ★★リクナビNEXTが選ばれる理由★★

リクナビNEXTだけの限定求人が約85%:転職者の約8割が利用

<こんな人にオススメ>

・どの転職サイトを使うか迷っている

・すでに転職活動を進めている

・転職を考えているが、何から始めたら良いかわからない

・初めての転職で、どのように始めるのがベーシックなのかわからない

スカウト登録で企業や転職エージェントから直接オファーが届く!

職務経歴や希望条件を登録しておくだけで、企業側からのアプローチを受けることが可能。

今は未だ転職意向が低いユーザー様にとっても、自分の可能性を広げる機会として活用。

<こんな人にオススメ>

・自分のスキルを活かせる職場に行きたい

・良い企業からアプローチがあれば転職を考えてもいい

・いろいろな仕事を知って視野を広げたい

■グッドポイント診断で自分の強みを分析!

人にはそれぞれ強みがありますが、自分では客観的に把握しづらいもの。

会員登録することで受診できるグッドポイント診断は、リクルートキャリアが持つ独自のノウハウを活かして開発した本格診断サービス。

診断に答えることで強みが見え、診断結果は自己分析にも活用できる。

<こんな人にオススメ>

・自分の強みがうまく語れない

・転職意向はないが、診断には興味がある

・日頃の仕事の中で自信が持てなくなってきている

↓ リクナビネクストのWEBサイトをチェックする ↓

  公式サイト:MIIDAS

《200万人の年収データから、あなたの市場価値を見出します!》 

・転職別、年齢別、学歴別の年収データ(200万人以上)の年収データを全て公開

・あなたが比較したい人(属性)と自分の年収を比較できる

《7万人の転職実績データから、あなたの本当の市場価値を見出します! 》

・自分と同じようなキャリアを持つ人材が、どんな仕事に、どれくらいの年収で転職しているのかを知ることができる

・2000以上の求人の中から、あなたを求めている求人だけがわかる

《あなたの本当の価値を確実に企業に伝えます! 》

・職務経歴書、履歴書の作成、カウンセリング等一切不要

・MIIDASは、求人企業にあなたの価値(キャリア)をあなたにかわって継続的に売り込み

↓ MIIDASのWEBサイトをチェックする ↓

 

おすすめ 中高年就職支援センター

公式サイト:東京しごとセンター

都内で働くことを希望する 30~54歳の就職・転職を全て無料サポート

【実際に利用して良いと思ったポイント】

1.心から寄添ってくれる専任のキャリア・コンサルタントがサポート

2.合同面接会などのイベントが毎日開催! 仲間との交流・情報交換のチャンス

3.運営は東京都という安心感。施設もきれいで静か

4.独自の非公開求人案件が多数!

↓ 東京しごとセンターのWEBサイトをチェックする ↓

【30分間無料相談について】

次のような事でお悩みではありませんか。

✓再就職先がなかなか決まらない

✓面接方法やキャリアシートの書き方のアドバイスが欲しい

✓退職する事が決まっているけど、何から始めて良いか分からない

✓今の会社はもう限界、でも家族の事を考えると辞められない

✓将来が不安、キャリアプランの見直しがしたい

✓自分は何がやりたいのか、何に向いているのか分からない

家族や知人、会社の同僚にもご相談できないお悩みをお伺いします。

「あなたの適性、能力、経験を深く掘り下げて、最適な解決策をご提案します」

=========================================================

無料相談 5つのお約束

・守秘義務を遵守徹底しています。ご相談者様から伺った内容の漏洩は絶対にしません

・ご相談後、必ずしも有料相談の依頼をする必要はありません

・こちらから有料相談の契約を提案することはしていません

・無料相談は、お話しを伺うことと解決策を提示するだけです

・無料相談は、画像なしの音声のみで行います。

=========================================================

相談はSkype、またはスカイフォン(スマホアプリ)の音声のみで行います。
もちろん匿名で、カメラなしで実施いたします。
Skype のインストール方法
スカイフォンのダウンロード←超!簡単設定
※Skype、スカイフォンともに無料でご利用いただけます

【中高年】の人生やり直しを支援

コメントをどうぞ