空前絶後の人手不足の時代に突入しました。

 

40代・50代中高年のあなたは、この状況を実感できていますか?

 

求職者が有利な売り手市場の恩恵に預かることができていますでしょうか?

 

「我々40代・50代の中高年には関係のない話だなぁ」

 

「求人票は運送業やサービス業ばかりで、実感がないよぉ」

 

2017年の8月の有効求人倍率は1.52倍という高水準となり、なんとバブル期を超えました。

 

正社員の有効求人倍率も1.01倍となり、求人数が求職者数を上回るほどです。

 

転職・再就職活動をしている方たちにとっては、非常に良好な雇用環境といえます。

 

今回は、40代・50代の転職・再就職活動中の中高年のために、20179月にNHKで放送された「クローズアップ現代」の『50代でも遅くない!中年転職 最前線』から抜粋したお役立ち情報をお伝えしていきます。

 

特に放送をご覧になっていない方は、バブル期を上回る雇用環境の恩恵に預かれるよう、どうぞ最後まで読んでください。

スポンサードリンク

50代でも遅くない!中年転職 最前線』から学んだこと

中高年が失業から再就職 | 転職を大成功させて幸せを掴むブログ

 

20179月に放送された「クローズアップ現代」の『50代でも遅くない!中年転職 最前線』をご覧になりましたか?

 

私は見逃してしまったので、NHKの公式サイトから放送回のハイライトを文字起こししたページを読ませてもらいました。

NHK「クローズアップ現代」の『50代でも遅くない!中年転職 最前線』

 

内容はというと・・・・

 

キャリア・コンサルタントの私も共感できるところもたくさんあり、多くの学びがありました。

 

40代・50代の就活中の中高年にとって、すごく役に立つ情報でしたので、共有をさせていただきます。

どれだけ、人の意見とか聞きながら自分の思考を変えていけるか

番組は、中高年10名を採用した森下仁丹の採用のドキュメンタリー形式になっています。

 

こちらの森下仁丹の年齢制限なしの求人には、10名採用予定のところ、なんと40代・50代・60代 2200人のからの応募があったそうです。

 

220倍の倍率を突破した中高年を採用したポイントを採用担当者が次のように話しています。

【採用担当者の話】

「どういう人生を歩んできたかっていうのが、そこですよね。」

 

「意外と失敗しているほうが、そういう柔軟性があるのかなというふうに見えた。」

 

「どれだけ、人の意見とか聞きながら自分の思考を変えていけるかとか、そこはすごい重要だなと思って見ました。」

 

40代・50代中高年を採用したくない理由の一つに柔軟性の低下があります。

 

失敗を好機と捉え、どうやって逆境を跳ね返してきたのか。

 

そして、数十年かけて出来上がった仕事観やプライドを、人の意見を取り入れながら、どのようにして、新しい環境に合わせた考えに変えていけるのか。

 

私たち中高年が要求されるとても大切な評価ポイントです。

関連記事:『40代・50 中高年の再就職・転職が厳しい3つの理由』

40代・50代 中高年の再就職・転職が厳しい3つの理由 | 中高年が失業から再就職 | 転職を大成功させて幸せを掴むブログ
40代・50代の中高年の転職・再就職が厳しいということは、いまさら言うまでもありませんよね。 「大手企業での実績や経験があるから、再就職・転職なんて簡単に決まるだろう」 「中小企業は、一部上場企業の管理職の肩書を持つ私をきっと必要としているにちがいない」 これから再就職・転職を予定している40代・50代の中高年は、今すぐこの幻想は捨てた方が良いかもしれません。 40代・50代の中高年の再就職・転職が、よく厳しいと言われますよね。 どうして厳しいのでしょうか。 今回は、中高年の再就職・転職が厳しいと言われる理由について書いていきます。 その理由について、しっかりと理解してもらった上で、再就職・転職活動に臨んで下さい。 是非、最後まで読んでください。 40代・50代の中高年の再就職・転職が厳しい3つの理由 一部上場の大企業で、長年管理職をしていた40代・50代の中高年には、すぐには理解することができないかもしれません。 でも、そこには中高年の再就職・転職が厳しいと言われるちゃんとした理由が存在します。 40代・50代の中高年の再就職・転職が厳しい3つの理由 1)ムダなプライド 2)体がズブくなっている 3)順応性の低さ それでは、3つの理由を詳しくお伝えしていきます。 40代・50代の中高年の再就職・転職が厳しい理由、どうして採用を敬遠されるのか、きっと理解してもらえるはずです。 ムダなプライド 40代・50代中高年には、大企業であれ中小企業であれ、20年、30年という長い期間をかけて築き上げた仕事へのこだわりを持っているはずです。 仕事のやり方、取り組む姿勢、マインド、仕事の哲学といったこだわりから生まれたプライドを胸に、仕事をしてきた中高年がほとんどです。 このプライドを培った職場では価値のあったプライドも、再就職・転職先では、圧倒的にムダなものになってしまうケースが多くなります。 再就職・転職先での年下の上司、これまでとは異なる仕事のやり方や会社の文化に、慣れようとする気持ちをムダなプライドが邪魔をしてしまうのです。

『いくら自分が頑張ろうとしても、活躍の場がないんじゃないかと思う』 

番組の中で、採用された10名の中の一人で、元IT業界に勤務していた志賀さん(48歳)という方が取り上げられています。

 

志賀さんは、43歳でリストラされ、そのあと脳梗塞を患ってしまいました。

 

1年間のリハビリを経て、体調が回復して再就職活動を開始した時の年齢は45歳になっていました。

 

【志賀さんの話】

「応募済み。217もしていますよ。」

 

「いくら自分が頑張ろうとしても、活躍の場がないんじゃないかと思う。しんどいですね、それはかなり。」

 

200倍の倍率を突破した優秀な中高年と思いきや、200社以上に応募しても希望条件の会社に再就職することができず、どんなに自分が働きたくても、働く場が与えられないという、大変辛い想いをされた苦労人でした。

 

志賀さんの体験談を聞くと、転職・再就職活動は、タイミングであり、忍耐力、精神力なんだと思い知らされます。

 

『絶対に諦めてはいけない、諦めた時点で終わりです』

『自分のポジションとか年収とかではなく、何をやりたいか』

 

番組では、40代・50代のハイクラス求人のマッチングサイト「キャリアカバー」を運営する会社の代表である黒田真行さんという方が、急増する中高年の転職について、次のようなコメントをしています。

ミドル専門転職コンサルタント 黒田さんの話

ひと言で言うと、自分の墓標に何を刻まれたいのかと、何を成し遂げた者がここに眠るというふうに、自分の人生を終えたいのかということを想定して、そこから逆算して、仕事人生の後半を歩まれるっていうことをお勧めしています。

(自分のポジションとか年収とかではなく、何をやりたいか?)

収入とかポジションではなくて、自分の強みを生かして、何をやれば必要とされて、期待されるのかということですね。

このコメントは、転職・再就職活動中の40代・50代中高年に、是非とも読んで、実行していただきたいです。

 

大企業で要職を経験して、高額な年収をもらっていた方は特に、プライドと生活水準を維持したいという思いから、転職・再就職先の希望条件に、役職と年収を優先しがちです。

 

おそらく人生最後の職場となるであろう転職・再就職先は、あなたの強みが活かせる、また、あなたが本当にやりたい仕事を優先することで、その職場に長く勤めることができます。

 

柔軟性が低下した40代・50代であるあなたは、入社後しばらくは、新しい環境や仕事にも馴染めないでかなり苦労するはずです。

 

そんな状況耐えきれず、せっかく入社できた転職・再就職先の会社をすぐに退職してしまうかもしれません。

 

こんな時、自分が必要とされ、期待されていると認識しながら仕事ができれば、入社してすぐに退職するなんてことは、まずありえません。

関連記事:『40代・50代の職探し前に知っておきたい興味と適職の見極め方法』

40代・50代の職探し前に知っておきたい興味と適職の見極め方法 | 中高年が失業から再就職 | 転職を大成功させて幸せを掴むブログ
40代・50代の中高年のあなたは、 「これが人生最後の職探し・就活なのに、ほんとにこれで良いの?」 と、疑問を抱えながら職探しをしていませんか? 中高年にもなると、自分がどんな仕事に向いているか、当然ながら理解しているはずです。 でも、あなたは、その分析が間違いないと、自信を持って断言することができますか? ほんとうは、適職を見つけられないまま、職探し・就活をしているんじゃないですか。 また、自分がやりたい仕事があるのに、現実を重視するあまり、その気持ちを抑えて職探しをしていませんか。 今回は、人生最後の職探しと思っている40代・50代の中高年に、興味と適職を見極めてから職探し・就活を開始しましょう、ということについて書いていきます。 モヤモヤしながら職探しをしている40代・50代の中高年は、是非最後まで読んでください。 40代・50代中高年の職探しは興味と適職を見極める 人生最後の職探しこそ、あなたがどんな事に興味を持っているか、またどんな仕事がやりたいのかを見極めることが大切です。 40代・50代中高年は、若年者と比べて、新しい環境への適応力が劣ります。 再就職・転職先では、仕事や人間関係に慣れるまでに、1年以上かかる中高年も多いです。 数十年間かけて築き上げた仕事観やプライドが、新しい職場に適応することを邪魔します。 関連記事:『40代・50代 中高年の再就職・転職が厳しい3つの理由』 再就職・転職先に馴染めずに、すぐに退職してしまう40代・50代中高年は、すごく多いんですよ。 どんな事に興味を持っていて、どんな事がやりたいのかを見極めた職探し・就活は、再就職・転職してすぐに退職するという事態を抑止してくれます。 それでは、あなたがどんなことに興味があり、どんな事がしたいのかを、どのように見極めていけば良いのでしょうか。 職探し・就活前に興味を見極める あなたの興味を見極める最善の方法は、『キャリアの棚卸し』をすることです。

人が人生に喜びを感じるのは、他人の前で自己特有の才能を存分に発揮できるチャンスに巡りあった時です。

(出典:マーフィの法則)

まとめ

今回は、NHK「クローズアップ現代」の『50代でも遅くない!中年転職 最前線』から、転職・再就職活動中の40代・50代中高年のお役立ち情報をお伝えしました。

 

1)採用担当者の評価ポイント

数十年かけて出来上がった仕事観やプライドを、人の意見を取り入れながら、どのようにして、新しい環境に合わせた考えに変えていけるのかが大切

 

2200倍の倍率から採用された志賀さん

200社以上応募しても採用されず、自分が働きたくても、働く場が与えられないという、辛い想いをしてきた。

『絶対に諦めてはいけない、諦めた時点で終わりです』

 

3)ミドル専門転職コンサルタント 黒田さんのコメント

収入とかポジションではなくて、自分の強みを生かして、何をやれば必要とされて、期待されるのかということを重視して転職・再就職活動を行う。

 

スポンサードリンク

 

[公式メールマガジン]
中高年が失業から再就職 | 転職を大成功させて幸せを掴むブログ

おすすめ転職求人サイト

公式サイト:リクナビNEXT

  ★★リクナビNEXTが選ばれる理由★★

リクナビNEXTだけの限定求人が約85%:転職者の約8割が利用

<こんな人にオススメ>

・どの転職サイトを使うか迷っている

・すでに転職活動を進めている

・転職を考えているが、何から始めたら良いかわからない

・初めての転職で、どのように始めるのがベーシックなのかわからない

スカウト登録で企業や転職エージェントから直接オファーが届く!

職務経歴や希望条件を登録しておくだけで、企業側からのアプローチを受けることが可能。

今は未だ転職意向が低いユーザー様にとっても、自分の可能性を広げる機会として活用。

<こんな人にオススメ>

・自分のスキルを活かせる職場に行きたい

・良い企業からアプローチがあれば転職を考えてもいい

・いろいろな仕事を知って視野を広げたい

■グッドポイント診断で自分の強みを分析!

人にはそれぞれ強みがありますが、自分では客観的に把握しづらいもの。

会員登録することで受診できるグッドポイント診断は、リクルートキャリアが持つ独自のノウハウを活かして開発した本格診断サービス。

診断に答えることで強みが見え、診断結果は自己分析にも活用できる。

<こんな人にオススメ>

・自分の強みがうまく語れない

・転職意向はないが、診断には興味がある

・日頃の仕事の中で自信が持てなくなってきている

↓ リクナビネクストのWEBサイトをチェックする ↓

  公式サイト:MIIDAS

《200万人の年収データから、あなたの市場価値を見出します!》 

・転職別、年齢別、学歴別の年収データ(200万人以上)の年収データを全て公開

・あなたが比較したい人(属性)と自分の年収を比較できる

《7万人の転職実績データから、あなたの本当の市場価値を見出します! 》

・自分と同じようなキャリアを持つ人材が、どんな仕事に、どれくらいの年収で転職しているのかを知ることができる

・2000以上の求人の中から、あなたを求めている求人だけがわかる

《あなたの本当の価値を確実に企業に伝えます! 》

・職務経歴書、履歴書の作成、カウンセリング等一切不要

・MIIDASは、求人企業にあなたの価値(キャリア)をあなたにかわって継続的に売り込み

↓ MIIDASのWEBサイトをチェックする ↓

 

おすすめ 中高年就職支援センター

公式サイト:東京しごとセンター

都内で働くことを希望する 30~54歳の就職・転職を全て無料サポート

【実際に利用して良いと思ったポイント】

1.心から寄添ってくれる専任のキャリア・コンサルタントがサポート

2.合同面接会などのイベントが毎日開催! 仲間との交流・情報交換のチャンス

3.運営は東京都という安心感。施設もきれいで静か

4.独自の非公開求人案件が多数!

↓ 東京しごとセンターのWEBサイトをチェックする ↓

【30分間無料相談について】

次のような事でお悩みではありませんか。

✓再就職先がなかなか決まらない

✓面接方法やキャリアシートの書き方のアドバイスが欲しい

✓退職する事が決まっているけど、何から始めて良いか分からない

✓今の会社はもう限界、でも家族の事を考えると辞められない

✓将来が不安、キャリアプランの見直しがしたい

✓自分は何がやりたいのか、何に向いているのか分からない

家族や知人、会社の同僚にもご相談できないお悩みをお伺いします。

「あなたの適性、能力、経験を深く掘り下げて、最適な解決策をご提案します」

=========================================================

無料相談 5つのお約束

・守秘義務を遵守徹底しています。ご相談者様から伺った内容の漏洩は絶対にしません

・ご相談後、必ずしも有料相談の依頼をする必要はありません

・こちらから有料相談の契約を提案することはしていません

・無料相談は、お話しを伺うことと解決策を提示するだけです

・無料相談は、画像なしの音声のみで行います。

=========================================================

相談はSkype、またはスカイフォン(スマホアプリ)の音声のみで行います。
もちろん匿名で、カメラなしで実施いたします。
Skype のインストール方法
スカイフォンのダウンロード←超!簡単設定
※Skype、スカイフォンともに無料でご利用いただけます

【中高年】の人生やり直しを支援

コメントをどうぞ