現在、失業中の中高年のあなたは、当然「職業訓練」の存在を知っていますよね?

 

あなたは、職業訓練を受講しようと思ったことがありますか?

 

どんなことが学べて、受講期間はどのくらいなのか等々、よくわからないことが多いのではないでしょうか。

 

「職業訓練って、我々中高年ではなくて、若者向けなのでは?」

 

「整備や板金のような工場系の仕事に役立つ技術を教えてくれるイメージがあるけど」

 

職業訓練に対するイメージは、失業中の中高年でも色々で、認知度も低いようです。

 

全求職者で職業訓練を受講する割合は、10%未満というデータもあります。

 

今回は、失業中の中高年のために、職業訓練について、メリット・デメリットや注意事項、について書いていきます。

 

あなたにとって、職業訓練が、受ける価値があるのかどうかの判断材料にしてみてください。

スポンサードリンク

職業訓練について 

中高年が失業から再就職 | 転職を大成功させて幸せを掴むブログ

まずは職業訓練について、分かりやすく簡単に説明しますね。

職業訓練とは 

 

正式には、公共職業訓練制度と言います。

 

主に失業用保険を受給している求職者の方が対象。

 

就業するために必要な技能・知識を身につけて、早期就業を目指してもらう制度です。

 

ただし、失業保険を受給していない人も求職者支援制度があり、職業訓練を受けることができます。

 

公共職業訓練制度:通常の失業保険をもらいながら、職業訓練を受講できる

 

求職者支援制度:失業保険のかわりに手当(受講手当10万円/月+受講施設までの交通費)

 

受講開始日からさかのぼって1年以内に公共職業訓練を受講していなければ、基本誰でも受講可能です。

失業中の中高年のための職業訓練 FAQ

Q.どんなことが学べるの

 

A.絶対おすすめなのがビル管理コースです。

他にも、経理・簿記、電気工事、PCスキル全般、CAD、プログラミング、HP作成、介護職員初任者研修電気工事、機械加工

 

地域によって、開講しているコースが異なりますので、必ずお近くのハローワークでご確認下さい。

 

【これだけは覚えておきたい】中高年の転職・再就職を有利にする資格で、ビル管理の資格をおすすめしています。

【これだけは覚えておきたい】中高年の転職・再就職を有利にする資格 | 中高年が失業から再就職 | 転職を大成功させて幸せを掴むブログ
何か資格さえ持っていれば、転職・再就職活動にこんなに苦労することはなかったのに・・・ と今更ながら後悔をしている中高年はいませんか? 転職・再就職活動を始めてから既に数か月が経過して、想像していた以上に厳しい現実を目の当たりにして、何か転職に有利な資格の取得を前向きに考え始めている中高年も多いのではないでしょうか。 「そんなに難しくない資格で、ほんとうに転職・再就職に有利になるのであれば、チャレンジしたい」 「これから勉強を始めても1年以上かかってしまうような資格ではちょっと・・・」 一念発起して資格を取るということは、「早く転職・再就職を決めるぞっ!」とは質が違う、やる気のスイッチをONにする必要がありますので、それなりの決意が必要になってきますよね。 今回は、転職・再就職が有利になる資格を取ろうという決意ができない中高年のために、ぜひ覚えておいてほしい、持っていると転職・再就職が有利になる資格について話していきます。 中高年の転職・再就職に有利な資格とは この中高年の転職・再就職に有利な資格とは、ビルメン4点セットの一番重要といわれている第2種電気工事士です。 ビルメンとは、ビルメンテナンス(ビル管理)の略称になります。 中高年がビルメンテナンスの会社の求人に応募をする場合、持っていると有利になる資格が『ビルメン4点セット』と言われる4つの資格です。 ビルメン4点セットとは ビルメン4点セットとは 次の4つの資格になります。 1)第2種電気工事士 2)危険物取扱責任者乙種4類 3)ボイラー2級技士 4)第3種冷凍機械責任者 どうしてビルメンテナンスの資格が転職・再就職に有利なのか? ビルメンテナンスの仕事は、基本的に体力をあまり使わず単純な作業が多く、熟練した経験者でなくてもできる仕事が多いです。 そして、ビルのオーナーやテナントで入居している総務担当者にメンテナンスに関する提案や報告を行うため、それなりのコミュニケーション力や交渉力が要求されます。 ということで、ビルメンテナンスの仕事は、40代・50代の中高年に門戸が開かれている数少ない職種ということになります。

Q.訓練期間はどのくらい

A.概ね3か月です。

平日の朝から夕方まで、16時間程度のカリキュラムになっていて、3か月トータルの勉強時間は、300時間ちょっとくらいです。

自分でお金を払って受講したら、最低10万円以上はかかるコースを無料で受講できるのは、魅了的です。

 

Q.職業訓練を受講している期間、失業保険はどうなるの

A.受講期間も通常通り受給できます。職業訓練を受講している場合は、もともとの受給対象期間が終了してからも、受講終了期間まで延長して失業保険をもらうことができます。

 

Q.職業訓練受講中、再就職活動はどうするの

A.出席日数8割を満せないと退校になります。

いつ面接が入るか分からない職業訓練受講中の再就職活動は、少しペースダウンすることをおすすめします。

 

3か月に職業訓練期間中は、8:2くらいの割合で、職業訓練にじっくりと腰を据えて、知識とスキルの習得に集中しても良いと思います。

失業中の中高年が職業訓練を受ける3つのメリット

 

次にどんなメリットがあるのかお伝えしていきます。

失業保険をもらいながら、知識とスキルを習得

 

なんと言っても、お金をもらいながら習い事をさせてもらえるというのは、お得感が満載です。

 

先ほどのFAQのところでも書きましたが、普通に受講したら軽く10万を超えるコースがほとんどです。

 

PCスキルやビル管理のコース等、再就職にプラスとなるコースを無償で受講できるのは、最大のメリットです。

 

ただし、テキスト代は自己負担になります。

同じ中高年で失業中の仲間の存在 

 

職業訓練のコースには、年齢制限つきのコースはなかったと思います。

 

老若男女が同じカリキュラムを受講します。

 

コースによって受講者数も違いますが、同じ失業中の中高年がいるはずです。

 

ほぼ平日の毎日、同じ立場である人と顔を合わせていれば、意気投合することは間違いありません。

 

苦しい時こそ、同じ悩みを持つ仲間は、かけがえのない存在です。

 

失業中の中高年にとって、精神的なメリットになること間違いありません。

 

10%の中高年しか知らない再就職・仕事探しのコツ【ジョハリの窓】では、自己開示の大切さをお伝えしています。

積極的に自己開示をして、仲間との友情を深めてみてはいかがでしょうか。

10%の中高年しか知らない再就職・仕事探しのコツ【ジョハリの窓】 | 中高年が失業から再就職 | 転職を大成功させて幸せを掴むブログ
失業中の仕事探し・再就職活動中の中高年に必ずやって欲しい「自己理解」について、「ジョハリの窓」というモデルを使って説明していきます。 再就職活動中の中高年に必要な「自己理解」とは 自己理解とは、これまでの経験を振り返り、客観的に自分を見つめなおしてみることです。 自己理解のためには、職業経験の棚卸し等も必要になってきますが、まずは、自分自身を振り返ってみましょう。 (出典:厚生労働省 ジョブカード制度) 仕事もそうですが、忙しくなると頭の中がグチャグチャになってしまって何から手を付けて良いか分からなくなる時ってありますよね。 そんな時、やらなければいけない仕事を文字にして頭の中を整理すると優先順位がはっきりして、今やるべき仕事が明確になります。 さらに、頭の中から抜け落ちていた仕事も思い出して、ことなきを得たという経験ありませんか。 再就職活動・仕事探しは、履歴書と職務経歴書を書くことから始めます。 この2つの書類を書くために、これまでのキャリア、仕事の振り返り、いわゆる自己理解が必要です。 さらに言うと、再就職活動・仕事探しをするかどうか、独立をした方がよいかどうか将来のあなたの仕事の方向性を決めるためにも自己理解をすることはとても有効です。 じゃぁ、この自己理解をするためにはいったい何をすれば良いのでしょうか。 再就職活動、仕事探しをする中高年に自己理解を進めるためにやって欲しいこと、それはキャリアの棚卸しです。 キャリアの棚卸しってなに? 【中高年 再就職】職務経歴書が10倍際立つ「秘策」 でキャリアの棚卸しについて書いていますので、どうぞご覧ください。 キャリアの棚卸しでは、あなたが中高年に至るまでの仕事・職歴をまとめます。 次に、職歴の中から次のようなことについて、じっくりと時間をかけて思い出してみて下さい。 ■今まで経験した楽しかった仕事とその理由 ■今まで経験した楽しくなかった仕事とその理由 ■得意な仕事 ■やりがいを感じた仕事

手厚い就労支援がある 

 

私と同じキャリア・コンサルタントが、カウンセリングを行ってくれます。

 

履歴書や職務経歴書の作成方法、面接指導、職業訓練で身に付いたスキルが活かせる仕事について等、色々とあなたに合わせたカウンセリングの時間があります。

 

そして、デュアルシステムと言って、一定期間、実際の企業で実地訓練ができるカリキュラムもあります。

 

仕事を理解するには、絶好の機会ですし、そこでのあなたの働きぶりが認められれば、そのまま再就職というケースもあります。

 

介護の仕事は、未経験の中高年がほとんどかと思います。

 

このような実地体験できるシステムは、ありがたいですね。







失業中の中高年が職業訓練を受けるデメリット 

 

3か月間、再就職活動が制限されることが、一番のデメリットではないでしょうか。

 

そもそも再就職を有利にするために受講している職業訓練ですから、職業訓練中は、求人チェックをする程度にして、できる限り訓練に集中した方が良いと思っています。

職業訓練の注意事項 

 

続きまして、職業訓練を受講するにあたって注意事項をいくつかお伝えしていきます。

職業訓練はすぐには受講できません

 

以下は、私が住んでいる千葉県の職業訓練の3月開講分までの募集案内です。

中高年が失業から再就職 | 転職を大成功させて幸せを掴むブログ

2018年14日開講のコースは、121日が締め切りになっています。

 

年末に思い立って、1月開講の職業訓練コースを受けようと思っても、時すでに遅しということになります。

 

そして、人気のあるコースから応募は締め切られていきますので、ご注意下さい

面談・テストがあるコースもある

 

上に貼付した募集案内に、選考・合格発表の欄がそれぞれありました。

 

そうです、職業訓練は、早い者勝ちではなく、書類選考や面接、コースによっては、筆記試験があるものもあります。

 

東京都の入校選考試験の過去問

 

数学は結構難しいですよ。

再就職を保証するものではない

職業訓練を受けたからといって、必ずしも再就職を保証するものではないことは、予め承知しておいてください。

 

全てが資格試験に直結するコースばかりでは無いですが、3か月間、平日だけとはいえ、300時間超の訓練を修了したというのは、絶対にあなたにとって大きな自信になります。

 

その自信が、あなたをきっと良い方向に導いてくれるはずです。

まとめ

 

3つのメリット

1)失業保険をもらいながら、知識とスキルを習得

2)同じ中高年で失業中の仲間の存在

3)手厚い就労支援がある

 

失業中の中高年にとって、職業訓練を受けることは、たくさんのメリットがあります。

 

ただし、貴重な3か月間を職業訓練にあてることで、再就職活動には少なからず影響を及ぼすことになります。

 

そんなに急いで再就職先を決める必要のない、失業中の中高年には、間違いなくおすすめです。

 

また、自己都合退職した人には、失業保険をもらえるまでに3か月の給付制限が設けられています。

 

しかし、職業訓練を受講することで、この給付制限が適用されず、会社都合で退職した人同様、すぐに失業保険をもらうことができます。

 

自己都合退職で、どうしても、すぐに失業保険が欲しいという中高年にもおすすめです。

 

スポンサードリンク

 

[公式メールマガジン]
中高年が失業から再就職 | 転職を大成功させて幸せを掴むブログ

おすすめ転職求人サイト

公式サイト:リクナビNEXT

  ★★リクナビNEXTが選ばれる理由★★

リクナビNEXTだけの限定求人が約85%:転職者の約8割が利用

<こんな人にオススメ>

・どの転職サイトを使うか迷っている

・すでに転職活動を進めている

・転職を考えているが、何から始めたら良いかわからない

・初めての転職で、どのように始めるのがベーシックなのかわからない

スカウト登録で企業や転職エージェントから直接オファーが届く!

職務経歴や希望条件を登録しておくだけで、企業側からのアプローチを受けることが可能。

今は未だ転職意向が低いユーザー様にとっても、自分の可能性を広げる機会として活用。

<こんな人にオススメ>

・自分のスキルを活かせる職場に行きたい

・良い企業からアプローチがあれば転職を考えてもいい

・いろいろな仕事を知って視野を広げたい

■グッドポイント診断で自分の強みを分析!

人にはそれぞれ強みがありますが、自分では客観的に把握しづらいもの。

会員登録することで受診できるグッドポイント診断は、リクルートキャリアが持つ独自のノウハウを活かして開発した本格診断サービス。

診断に答えることで強みが見え、診断結果は自己分析にも活用できる。

<こんな人にオススメ>

・自分の強みがうまく語れない

・転職意向はないが、診断には興味がある

・日頃の仕事の中で自信が持てなくなってきている

↓ リクナビネクストのWEBサイトをチェックする ↓

  公式サイト:MIIDAS

《200万人の年収データから、あなたの市場価値を見出します!》 

・転職別、年齢別、学歴別の年収データ(200万人以上)の年収データを全て公開

・あなたが比較したい人(属性)と自分の年収を比較できる

《7万人の転職実績データから、あなたの本当の市場価値を見出します! 》

・自分と同じようなキャリアを持つ人材が、どんな仕事に、どれくらいの年収で転職しているのかを知ることができる

・2000以上の求人の中から、あなたを求めている求人だけがわかる

《あなたの本当の価値を確実に企業に伝えます! 》

・職務経歴書、履歴書の作成、カウンセリング等一切不要

・MIIDASは、求人企業にあなたの価値(キャリア)をあなたにかわって継続的に売り込み

↓ MIIDASのWEBサイトをチェックする ↓

 

おすすめ 中高年就職支援センター

公式サイト:東京しごとセンター

都内で働くことを希望する 30~54歳の就職・転職を全て無料サポート

【実際に利用して良いと思ったポイント】

1.心から寄添ってくれる専任のキャリア・コンサルタントがサポート

2.合同面接会などのイベントが毎日開催! 仲間との交流・情報交換のチャンス

3.運営は東京都という安心感。施設もきれいで静か

4.独自の非公開求人案件が多数!

↓ 東京しごとセンターのWEBサイトをチェックする ↓

【30分間無料相談について】

次のような事でお悩みではありませんか。

✓再就職先がなかなか決まらない

✓面接方法やキャリアシートの書き方のアドバイスが欲しい

✓退職する事が決まっているけど、何から始めて良いか分からない

✓今の会社はもう限界、でも家族の事を考えると辞められない

✓将来が不安、キャリアプランの見直しがしたい

✓自分は何がやりたいのか、何に向いているのか分からない

家族や知人、会社の同僚にもご相談できないお悩みをお伺いします。

「あなたの適性、能力、経験を深く掘り下げて、最適な解決策をご提案します」

=========================================================

無料相談 5つのお約束

・守秘義務を遵守徹底しています。ご相談者様から伺った内容の漏洩は絶対にしません

・ご相談後、必ずしも有料相談の依頼をする必要はありません

・こちらから有料相談の契約を提案することはしていません

・無料相談は、お話しを伺うことと解決策を提示するだけです

・無料相談は、画像なしの音声のみで行います。

=========================================================

相談はSkype、またはスカイフォン(スマホアプリ)の音声のみで行います。
もちろん匿名で、カメラなしで実施いたします。
Skype のインストール方法
スカイフォンのダウンロード←超!簡単設定
※Skype、スカイフォンともに無料でご利用いただけます

【中高年】の人生やり直しを支援

コメントをどうぞ