40代50代の中高年は重責のある仕事を任され、その仕事に『やりがい』や『生きがい』を感じている方も多いことでしょう。

 

でもその反面、部下や上司との人間関係に思い悩んだり、自身や会社の将来を憂いたり、このままの自分で良いのかと不安に感じている40代50代の中高年も実に多いのではないでしょうか。

 

あなたは「仕事が辛い・会社に行きたくない」と日々、苦しい思いをされていませんか?

 

「仕事が辛いのは、あたり前でしょ!みんな我慢して頑張っているんじゃないの!!」

 

「無理して体調を壊しても会社は面倒みてくれないんだから、辛かったら会社を辞めればいいじゃん!」

 

『仕事が辛い・会社に行きたくない』と言う中高年が置かれた立場によっても、その時に取るべき行動は大きく異なってきます。

 

ある程度の貯金もあり身軽な中高年は簡単に退職できます。

 

でも、住宅ローンや教育費に負われる家族持ちの40代50代は、どんなことがあっても今の会社にしがみついて生きていかなければならないという方も多いのではないでしょうか。

 

今回は『仕事が辛い・会社に行きたくない』と考える40代50代の中高年に先ずやって欲しい3つのことについて書いていきます。

 

どうぞ最後まで読んでください。

スポンサードリンク

「仕事が辛い・会社に行きたくない」原因を振り返る

中高年が失業から再就職 | 転職を大成功させて幸せを掴むブログ

そもそも何故あなたは、「仕事が辛い・会社に行きたくない」と思われているのでしょうか。

 

「仕事が辛い・会社に行きたくない」と中高年が考える主な理由は、次のようなことがあげられます。

 

■職場の人間関係(セクハラ・パワハラ含む)

■仕事の量(多すぎる、少なすぎる)

■給与に不満がある

■評価が不公平(低い)

■やりたい仕事ではない

 

あなたの「仕事が辛い・会社に行きたくない」原因は上の5つの中にありましたか?

 

ほとんどの中高年は、この中に原因があったのではないでしょうか。

何故その原因が発生したのかを考える

「仕事が辛い・会社に行きたくない」原因はすぐに分かるかと思いますが、次に、どうしてその原因が発生したのかを考えてみましょう。

 

スマホやパソコンのテキスト、ノートの切れ端等、何でも構いません、その原因を発生させたと思われる原因をしらみつぶしに一つずつ書きだしてみましょう。

 

そのメモ書きにはあなたが原因を作ってしまったと思われる内容がいくつも書き出されているかもしれません。

 

「人間関係のもつれや評価が低いのは自分も悪かったのかぁ」

 

ということが浮き彫りになればこっちのものです。

 

その対策をあなたなりに講じていけば良いのです。

 

あなた自身に原因があった場合、たとえ転職したとしても次の職場で同じ事を繰り返す確率は非常に高いです。

 

つまり、転職はちょっと待った!ということになるわけです。

 

頭で考えるだけではなく、文字にすることで新しいことが発見されことがありますので、是非試してみてください。

 

関連記事:『【中高年】その転職待った!後悔する前に考える3つのこと』

「仕事が辛い・会社に行きたくない」を相談する

ぼくの仕事は、キャリア・コンサルタントです。

 

専門的な言葉を使うと『キャリア形成を支援する』となりますが、実際はキャリアの相談、サポートと表現した方が分かりやすいかと思います。

 

(学術的にキャリア・カウンセリングは相談ではないですが、分かりやすくするために相談と表現させてもらっています。同業者の皆様すみません。)

 

キャリア・カウンセリングをしていると、ほぼすべての中高年の相談者の方はこのような類のことを言ってくれます。

 

「コンチバさんに相談したことで、今まで気づかなったことに気づくことができました」

 

キャリア・コンサルタント冥利につきる言葉です。

 

そうです!人は相談することで新たな気づきが生まれます。

 

そのメカニズムは以下の記事で詳しく書いていますので、どうぞご覧ください。

 

関連記事:『10%の中高年しか知らない再就職・仕事探しのコツ【ジョハリの窓】』

10%の中高年しか知らない再就職・仕事探しのコツ【ジョハリの窓】
失業中の仕事探し・再就職活動中の中高年に必ずやって欲しい「自己理解」について、「ジョハリの窓」というモデルを使って説明していきます。 再就職活動中の中高年に必要な「自己理解」とは 自己理解とは、これまでの経験を振り返り、客観的に自分を見つめなおしてみることです。 自己理解のためには、職業経験の棚卸し等も必要になってきますが、まずは、自分自身を振り返ってみましょう。 (出典:厚生労働省 ジョブカード制度) 仕事もそうですが、忙しくなると頭の中がグチャグチャになってしまって何から手を付けて良いか分からなくなる時ってありますよね。 そんな時、やらなければいけない仕事を文字にして頭の中を整理すると優先順位がはっきりして、今やるべき仕事が明確になります。 さらに、頭の中から抜け落ちていた仕事も思い出して、ことなきを得たという経験ありませんか。 再就職活動・仕事探しは、履歴書と職務経歴書を書くことから始めます。 この2つの書類を書くために、これまでのキャリア、仕事の振り返り、いわゆる自己理解が必要です。 さらに言うと、再就職活動・仕事探しをするかどうか、独立をした方がよいかどうか将来のあなたの仕事の方向性を決めるためにも自己理解をすることはとても有効です。 じゃぁ、この自己理解をするためにはいったい何をすれば良いのでしょうか。 再就職活動、仕事探しをする中高年に自己理解を進めるためにやって欲しいこと、それはキャリアの棚卸しです。 キャリアの棚卸しってなに? 【中高年 再就職】職務経歴書が10倍際立つ「秘策」 でキャリアの棚卸しについて書いていますので、どうぞご覧ください。 キャリアの棚卸しでは、あなたが中高年に至るまでの仕事・職歴をまとめます。 次に、職歴の中から次のようなことについて、じっくりと時間をかけて思い出してみて下さい。 ■今まで経験した楽しかった仕事とその理由 ■今まで経験した楽しくなかった仕事とその理由 ■得意な仕事 ■やりがいを感じた仕事

 

「仕事が辛い・会社に行きたくない」と思ったら、誰かに相談してみることが大切です。

転職したらどうなるかを考えてみる

40代50代の中高年であるあなたが今、転職市場でどの程度の価値があるのか、同世代の中高年が転職をした場合、どのくらい大変であるのかという現実を知ることをおすすめします。

 

「仕事が辛い・会社に行きたくない」というネガティブな理由で転職を決意した中高年を企業はどう評価するかを考えてみることです。

 

「空前絶後の売り手市場だから大丈夫!」

 

「大企業の肩書があればどこか採用してくれるに違いない」

 

という生易しい現実はそこには存在しないことが、少しネットで調べていただければ、すぐに理解してもらえると思います。

 

あなたの市場価値は、こちらで確認いただくことができます。(もちろん無料です)

公式サイト:MIIDAS

職務経歴書、履歴書の作成、カウンセリング等一切不要で、数分で市場価値が分かりますので、是非お試しください。

 まとめ

「仕事が辛い・会社に行きたくない」という中高年が先ずやるべき3つのこと

◆その原因を振り返ること

◆誰かに相談すること

◆転職したらどうなるか考えてみること

 

仕事が辛いから、または会社に行きたくないからというだけで、簡単に転職すれば良いやぁとは考えないでください。

 

でも、その気持ちが毎日何度も思うようになったり、日々強くなってきたり、眠れなくなってきたり、食欲がなくってきた場合は別です。

 

精神的にほんとうに辛くなってきた場合は、逃げる勇気も必要です。

 

なので、すぐに専門医に相談してください。

 

健康あっての仕事です。

 

今あなたがお勤めの会社は、これまで通り働くことができなくなってしまったあなたをサポートしてくれると思いますか。

 

スポンサードリンク

 

[公式メールマガジン]
中高年が失業から再就職 | 転職を大成功させて幸せを掴むブログ

おすすめ転職求人サイト

公式サイト:リクナビNEXT

  ★★リクナビNEXTが選ばれる理由★★

リクナビNEXTだけの限定求人が約85%:転職者の約8割が利用

<こんな人にオススメ>

・どの転職サイトを使うか迷っている

・すでに転職活動を進めている

・転職を考えているが、何から始めたら良いかわからない

・初めての転職で、どのように始めるのがベーシックなのかわからない

スカウト登録で企業や転職エージェントから直接オファーが届く!

職務経歴や希望条件を登録しておくだけで、企業側からのアプローチを受けることが可能。

今は未だ転職意向が低いユーザー様にとっても、自分の可能性を広げる機会として活用。

<こんな人にオススメ>

・自分のスキルを活かせる職場に行きたい

・良い企業からアプローチがあれば転職を考えてもいい

・いろいろな仕事を知って視野を広げたい

■グッドポイント診断で自分の強みを分析!

人にはそれぞれ強みがありますが、自分では客観的に把握しづらいもの。

会員登録することで受診できるグッドポイント診断は、リクルートキャリアが持つ独自のノウハウを活かして開発した本格診断サービス。

診断に答えることで強みが見え、診断結果は自己分析にも活用できる。

<こんな人にオススメ>

・自分の強みがうまく語れない

・転職意向はないが、診断には興味がある

・日頃の仕事の中で自信が持てなくなってきている

↓ リクナビネクストのWEBサイトをチェックする ↓

  公式サイト:MIIDAS

《200万人の年収データから、あなたの市場価値を見出します!》 

・転職別、年齢別、学歴別の年収データ(200万人以上)の年収データを全て公開

・あなたが比較したい人(属性)と自分の年収を比較できる

《7万人の転職実績データから、あなたの本当の市場価値を見出します! 》

・自分と同じようなキャリアを持つ人材が、どんな仕事に、どれくらいの年収で転職しているのかを知ることができる

・2000以上の求人の中から、あなたを求めている求人だけがわかる

《あなたの本当の価値を確実に企業に伝えます! 》

・職務経歴書、履歴書の作成、カウンセリング等一切不要

・MIIDASは、求人企業にあなたの価値(キャリア)をあなたにかわって継続的に売り込み

↓ MIIDASのWEBサイトをチェックする ↓

 

おすすめ 中高年就職支援センター

公式サイト:東京しごとセンター

都内で働くことを希望する 30~54歳の就職・転職を全て無料サポート

【実際に利用して良いと思ったポイント】

1.心から寄添ってくれる専任のキャリア・コンサルタントがサポート

2.合同面接会などのイベントが毎日開催! 仲間との交流・情報交換のチャンス

3.運営は東京都という安心感。施設もきれいで静か

4.独自の非公開求人案件が多数!

↓ 東京しごとセンターのWEBサイトをチェックする ↓

【30分間無料相談について】

次のような事でお悩みではありませんか。

✓再就職先がなかなか決まらない

✓面接方法やキャリアシートの書き方のアドバイスが欲しい

✓退職する事が決まっているけど、何から始めて良いか分からない

✓今の会社はもう限界、でも家族の事を考えると辞められない

✓将来が不安、キャリアプランの見直しがしたい

✓自分は何がやりたいのか、何に向いているのか分からない

家族や知人、会社の同僚にもご相談できないお悩みをお伺いします。

「あなたの適性、能力、経験を深く掘り下げて、最適な解決策をご提案します」

=========================================================

無料相談 5つのお約束

・守秘義務を遵守徹底しています。ご相談者様から伺った内容の漏洩は絶対にしません

・ご相談後、必ずしも有料相談の依頼をする必要はありません

・こちらから有料相談の契約を提案することはしていません

・無料相談は、お話しを伺うことと解決策を提示するだけです

・無料相談は、画像なしの音声のみで行います。

=========================================================

相談はSkype、またはスカイフォン(スマホアプリ)の音声のみで行います。
もちろん匿名で、カメラなしで実施いたします。
Skype のインストール方法
スカイフォンのダウンロード←超!簡単設定
※Skype、スカイフォンともに無料でご利用いただけます

【中高年】の人生やり直しを支援

コメントをどうぞ